広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > やっていなければ、絶対に自白してはいけない

やっていなければ、絶対に自白してはいけない


身に覚えのないことで逮捕され、警察の取り調べを受けた場合、もし本当にやってなければ絶対に自白してはいけない。
もし、警察で自白しても、裁判で何とかなると考えているとしたら、それは甘すぎる。
警察で自白したら、終わりだ。
警察の調書を、検察は100%信じるし、裁判所も100%信じる。
裁判とは、単なる儀式に過ぎない。
裁判で主張を変えても、検察も裁判所も相手にしない。
「警察で自白しているでしょ」で終わりだ。
裁判とは、その自白を確認する儀式にすぎない。
だから、有罪率99.9%なわけだ。これを崩せるのは、「99.9刑事専門弁護士」の松本潤くらいです(笑)
日本は異様に自白を重く考えてる。
物証が乏しくても、状況証拠と自白で有罪にできる。
これでは、誰でも有罪にされる可能性がある。
やってないない場合、できるだけ早く弁護士を選任し、自白しないようにしましょう。
これしか、身を護る方法はありません。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る