広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 歩き遍路         哀しみを受け入れるまで

歩き遍路         哀しみを受け入れるまで


私の知人は、最近、子供さんを若くして亡くした。
まだ、二十歳前だ。
その知人が、夫婦で今、お遍路を歩いている。バスやタクシーではなく、ガチに歩いている。
子供を亡くし、二人とも壊れそうだった。
もう何もする気がなくなり、仕事も辞めた。
そんな時に、偶然、お遍路さんのテレビ番組を観たそうだ。
観た瞬間、「これだ」と雷にうたれたように、お遍路漬けになった。
そして、この春から歩き始めた。
まだ、まったく心の整理もできていない。まさに混沌を抱えて旅をしている。
二人は最初、無言だったらしいが、最近は喧嘩を始めたらしい。
喧嘩をするほど元気になってきたのだ。
大きな声が出るようになった。心が動くようになってきた。
まだまだ、始めばかりだが、哀しみを受け入れられるまで歩くそうです。

無題広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る