広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 真実(まこと)の花を咲かせよう

真実(まこと)の花を咲かせよう


時分の花という言葉がある。
これは、簡潔に言うと、若さのことだ。これは、生まれながらのもの。
それに対して、真実(まこと)の花とは、後天的に自分の精進で咲かせるものだ。
どのように生きてきたかがすべて問われる。
具体例を言えば、「サンタフェ」の頃の宮沢りえさんは、、まさに「時分の花」
今の宮沢りえさんは、真実の花だ。
「湯を沸かすほどの熱い愛」での演技は、まさに「真実の花」だと思う。

私には、時分の花はない。まったくない(笑)
だからこそ、真実の花を咲かせたい。
そのためには、自分を偽らない日々の積み重ねしかないと思います。
他人は騙せても(これも長く騙すのは無理)、自分だけは騙せませんから。

2017052915520000

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る