広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 親がつくるべきは環境     今日もひきこもり相談

親がつくるべきは環境     今日もひきこもり相談


人間はみんな環境によって振舞いを変える。
これは当たり前だ。
友人たちとカラオケボックスにいる時と、通夜の席での振る舞いが一緒なわけはない(笑)
人間は、環境を敏感に感じ取って振舞いを変えている。
引きこもりがなぜ、引きこもりを続けるかと言えば、引きこもれる環境があるからだ。
個室があり、食事が提供され、親が腫れ物を触るようにしてくれ・・・・・・いろんな環境が整備されているからだ(笑)
引きこもりが長期化する中で、どんどん引きこもりに最適な環境が出来てくる。
この環境は、親と子供の共同作品だ。
一般的には、父親が放置し、母親が過干渉過保護し、子供が引きこもる環境をどんどん整備する。
そして、整備しすぎて、どうしようもなくなるのだ。
この整備は、無意識に、善意で、長期間進む。
これを改善するには、意識的に、ある意味「悪意」で、環境を変えていくいかない。
では、環境を変えていく方法は何か?
それは、このブログにすべて書いてありますので、全部読んで下さいませ(笑)

2017051616210000

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る