広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 言葉が一番ではない

言葉が一番ではない


先日、対話が大事ということを書いた。
しかし、その対話とは言葉だけの対話ではない。
一番大事なのは、言葉ではなく、言葉以外のものだ。
それは、気持ちだ。
いくら言葉巧みに、話し合っても、気持ちがなければ意味はない。
言葉がつたなくても、お互いに気持ちに溢れていれば大丈夫。
コミュニケーションは93%が非言語と言われている。
お互いに深い気持ち、相手を思いやる気持ちがあれば大丈夫だ。
それがなく、言葉だけで話をしても意味はない。
それでは、まったく伝わらない。

「大丈夫?」という言葉も、本当に大丈夫?という心配する深い気持ちがなければ、無意味、いや、もしかすると有害なものになるかもしれません。

meets-18-638

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る