広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 住職の言葉が響かない

住職の言葉が響かない


先日、ある寺で開かれた葬式に参列した。
そこで、住職が言った一言に愕然とした。
「故人とはほとんど交わりがなかったので、エピソードがありません。だから、今日は、少し一般的な話をさせて頂きます」(要旨)と言ったのだ。
いやー、今の寺は檀家の人もことも知らないのか・・・・まったく関係もない。
だから、故人の具体的なエピソードについて話すこともないのだ。
私は、憤りと同時に強い哀しみを覚えた。
これでは、寺はどんどん不要になる。なくなる。
しかし、これは必然だ。気持ちのないものが存続することなんかない。
こんな風に私はイライラしていたが、喪主(息子さん)の挨拶で、嫌な気持ちがすべて洗い流された。
不器用だが、お父様に対する深い愛情が垣間見える素晴らしい挨拶だった。
最後は、号泣され、みんながもらい泣きした。
住職のとってつけたような、抽象的な、どうでもいい挨拶は不要でした。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る