広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > リーダーの禅語

リーダーの禅語


これは、いろんな組織でリーダーをしている方に読んでほしい本だ。
もちろん、引きこもりを抱える親御さんにも読んでほしい。
リーダーとしての振舞い心構えについて、禅の見地からいろんなことが書いてある。
リーダーというのはなかなか難しい。
非リーダーは、自分のことだけを考えてもいい。
そして、できもしない理想ばかり語っていてもいい。
しかし、リーダーは、みんなことを考え、現実を少しずつ理想に近づけていくのが責務だ。
自分のことだけ考えている人は、リーダーになるべきではない。
理想だけを語り何もしない人もリーダーになるべきではない。
現実に埋没し、現実を変えられない人もリーダーになるべきではない。
みんなのことを考え、現実を少しでも変えられる人がリーダーになるべきだ。
しかし、そんな人はいろんな人から叩かれるだろう。
もっと、こっちを考えろ!もっとドラスティックに!と。
非リーダーはいつも無責任だ。無責任なので、何でも言える。理想ばかり語れる。
そんな時に、心を支えてくれる言葉が満載なので、ぜひ読んでみて下さいませ。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る