広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 20代の悪夢

20代の悪夢


いまだに、たまーに見る。
夜中にうなされて起きる。汗びっしょりになっている。
20代の何もせず、無目的に生きていた時代の夢を見る。
ものすごくリアリティーがあり、とても夢とは思えず、飛び起きてからしばらくは動けない。
夢というより、過去のドキュメンタリーを何度も違う監督の撮影で見せられている感じだ(笑)
毎回、切り取り方が違い、脚本が違い、カメラアングルが違うが、すべて私の20代の出来事ばかりだ。
アトピーだった顔がアップになったり
メニエールのようになり、天井が回る場面だったり
声が出なくなり泣き崩れたところだったり
眠れず、どんどん痩せていくところだったり
どの夢も嫌だ。本当にリアリティーがあり、今起きている出来事と誤解してしまう。
そして、泣いて飛び起きてしまいます。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る