広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 放置を見守りと誤魔化す親はヤバい    今日もひきこもり相談

放置を見守りと誤魔化す親はヤバい    今日もひきこもり相談


見守り見守りという親御さんが多い。
見守りという言葉を実に軽く考えている。
見守りというのは、「本当は手を出して助けたいところを、ぐっと我慢し、全身全霊を傾けて注視すること」だ。
ものすごい愛情を前提に、気持ちと時間を膨大にかけて全力で手を出さないで関わることなのだ。
しかし、ほとんどの親御さんは、ほっとくだけ。
いつかはなんとかなるって感じで、ほっとくだけだ。
これでは、どんどん悪化する。泥沼化する。
偶然、改善することなんかない。
本当は、関わると面倒なので、腫れ物に触るように、ほっておいているだけないのだ。
それを「見守り」という意味のあるような表現をして誤魔化す(笑)
しかし、実体は・・・・・・放置だ。
これでは、何年たっても変わらないし、年ばかり取り、どんどん悪化していく。
偽の見守りは薬ではなく、毒なのだ。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る