広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「一子相伝とは教えないこと」       楽家の作法

「一子相伝とは教えないこと」       楽家の作法


うーん、「北斗の拳」とは全然違う(笑)
楽家では子供に何も教えないのだ。
その理由は、代々、まったく別のものをつくる方がいいからだ。
こんな伝統の受け継ぎ方もあるのだ。
確かに、伝統とは、前のことをそのまま受け継ぐことではない。
同じことを無批判に踏襲することではない。
伝統とは革新を含むものだ。新しい血を入れるのことが大事だ。
しかし、楽家のように、教えないというのには驚いた。
ここまでの革新はなかなかないだろう。

無題広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る