広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 駅伝日本一、世羅高校に学ぶ「脱管理」のチームづくり

駅伝日本一、世羅高校に学ぶ「脱管理」のチームづくり


一言でいえば、管理ではなく、自分たちで考えるチームづくりを推奨する本だ。
まったく同感。
もちろん、厳しく管理したら、そこそこのレベルまでは行く。これは間違いない。
しかし、考える人を育てない限り、スポーツを楽しめないし、管理する監督以上の力を発揮することはできない。
これからの日本の教育は、こんな方向に進むべきだろうと思う。
しかし、難しいのは、この方向に進むには、指導者の高い力量が不可欠だ。
指導者にきちんとした力量がなければ、「ゆとり教育」みたいに、勉強時間が減っただけのようになってしまう。
(指導者の力量が高ければ、ゆとり教育でも成功している実例もある) 自分で考える力を育てるには、指導者が、よく観察し、フォローしていかなければならない。

ここが、日本の教育、人間育成の一番大事なポイントだと思います。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る