広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 孤独論

孤独論


今、孤独に苛まれている人。
友人に囲まれているが、本当の自分はそうではないと苛立っている人。
他人に合わせて自分を生きていない人。
そんな方は、ぜひこの本を読んでください。
著者は、10数年の引きこもり経験を持つ芥川賞作家 田中慎弥氏だ。
彼は10代20代、小説を読むこと、小説を書くことだけを支えに孤独を生きてきた。
そんな彼の孤独論は、とても素敵だ。
自分を偽り他人と過ごしたり、友人の数を誇る人と比べると、潔く美しい。
本当に、100%自分を生きている。
もし、自分の生き方に疑いを持ち、不安を持ち、不全感を持っている方がおられましたら、ぜひお読み下さい。
孤独の中にしか、自由も、本当の自分もないことに気付いて頂けるかもしれません。
すぐそばに、創造的な孤独の扉があるかもしれませんよ(笑)

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る