広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 流れ作業で人は機械になる

流れ作業で人は機械になる


私の知人の息子さんは、流れ作業(自動車組み立て)の中で働いている。
聞くところによると、流れ作業の一番キツイところで働いているらしい。
そこはキツイので、作業が遅い人がやると、どんどん部品が溜まってしまうらしい。
そうなると、流れ作業自体が停止する。
だから、懸命に作業する知人の息子さんに任される。
しかし、その息子さんも、腕がパンパンになり、まさに満身創痍だ。いつ潰れるかわからない。
なぜそこまで頑張るか?
それは、その会社に「正社員という餌」で釣られているからだ。
知人の息子さんは期間工。ほとんど採用される可能性はないが、正社員という餌を前にぶら下げられ懸命に生きている。
年齢は30歳を超えている。本当に正社員になれるのだろうか?
会社はなれないとは言わない。言った瞬間に、彼がやる気を失ってしまうからだ。
まあ、企業とはこんなものだ。
正社員という餌を釣るし、コストの低い期間工のままで、懸命に仕事してもらうことが一番効率的なのだ。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る