広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「片目になって世界がひろがった」 ピーコさん

「片目になって世界がひろがった」 ピーコさん


いやー実に素晴らしい表現だ。
そうだ、両目が見えるから、世界が、人がよく見えるわけではないのだ。
両目が2・0でも見えない人には何も見えない。
優しい心のない人には、人の痛みなんか見えない。
目がいいいからよく見えるわけではない。両目見えるから、いろんなものが見えるわけではない。
そうではなく、見えるかどうかは精神の問題なのだ。
ピーコさんは片目を失って、いろんな世界が見えるようになったのだ。
私も、20代で、いろんな苦しみを味わってなければ、何も見えない人間になっていたことだろう。
まったく何も見えず、感じることもできない、どうしようもない人間になっていただろう。
今よりはるかにいい生活をしていただろうが、すごく狭い世界に生きていただろう。
目が見えるから、世界が、人間が深く見えるわけではない。
目が開いていても何も見えない人も多い。これは、引きこもり相談に来られるご両親に会うたびに感じることです。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る