広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 意見がまったく違う友人がいることの大切さ

意見がまったく違う友人がいることの大切さ


私はこれがとても大事だと思っている。
私が一番気持ち悪いのは、意見が同じ人ばかり集まること(笑)
護憲派とか、改憲派とか、同じ意見の人ばかり集まるのが一番嫌だ。
大事なのは、意見が違う人同士が、冷静に議論すること。
これができれば日本は大きく変わる。
しかし、戦後72年、いまだに、こんなことはなかなか難しい。
違う意見の人と同席すれば、感情的な喧嘩になる人も多く、そもそも話をすることをしない人もいる。
それでは、どうしようもない。
自分の意見を強化するような人付き合いや、自分の意見を強化するような情報ばかり入れても無意味なのだ。
それより、自分とは全く違う意見、まったく違う情報を持っている人と会うことこそ有益です。
それこそ、自分が変わるチャンスです。
え?変わらなくていい?それは、間違いなく、老いです。年齢関係なく(笑)

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る