広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 秩序なき時代の知性

秩序なき時代の知性


私の認識では、これから秩序なき世界になっていく。
既存の知識が役に立たない時代がやってくる。
いや、もうそうなっている。
そんな時代には、前例の通りとか、人が言った通りとか、記憶を頼りにではどうしようもない。
見たことも聞いたこともない問題を、今までの知的遺産を助けに、自分で考え抜いて答えを出すしかない。
もちろん、間違うことも多いだろう。
その時には、すぐに修正することが大事だ。まさに、「君子豹変」が大事なのだ。
言うことが安定しないとか、言うことが変わると言われても仕方ない。
それは、状況が大きく変化しているのだから仕方ない。
レストランなら、キャベツが高騰していたら、レタスを使うとか、もやしを使うとかして、なんとかするしかない。
キャベツに固執すれば倒産するしかないのだ。
この本は、佐藤優氏がホストとして、次世代を担う論客を呼んでいる。
みんな、自分の頭で考え抜く人だ。
皆さんも、この本を読んで若き知性の躍動感を感じてみて下さい。

無題広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る