広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 30歳成人論

30歳成人論


これは成人年齢を引き上げるべきとの主張ではない。
いろんな青年を見ていると、現代の実際の成人年齢を30歳と考えた方がいいのではと思うのだ。
いい大学に行き、いい企業に入っても、その後はよくわからない。
すぐにやめる人も多いし、その後、精神的な病になったり、引きこもったりする人もいる。
逆に、20代はブラブラしたり、どうしようもないが、30手前で大きく変わる人もいる。
私のいろんな相談に応じている実感としては、どんなにうまくいっていても、どんなにうまくいっていなくても、30歳の時点を見ないとわからないということだ。
30歳まで最初の仕事を継続していれば大丈夫だろうし(継続できる人間ということがわかる)、30歳までに転職を繰り返しても、その時点で落ち着いていれば、転職もいい経験だし、30歳までどうしようもなくても、そこでリカバーできれば、その期間はその後の人生の糧になる。
逆に危ないのは、30歳手前まで、ものすごくうまくいっている青年。
こんな青年はそのままうまくいけば素晴らしいが、打たれ弱いので、何かでこけた時には致命傷になることがあります。
私は、東大、京大、早稲田、広大・・・・・なんかを出て、20代後半に粉々に壊れた青年を多数見ているので、老婆心ながら(本当はおじちゃんだが)余計なことを書かせて頂きました。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る