広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 葛城事件

葛城事件


いやーこの映画は身につまされた。
私は、こんな家庭をたくさん知っている。
もちろん、長男が自殺し、次男が通り魔になる家庭はないが、こんな状況に近い家庭、こんな状況に徐々に近づいている家庭はたくさんある。
外から見れば、いい家を建て、家族4人仲良く暮らしているように見える家庭でも、中身は空洞な家庭がかなりある。
お互いの交流もなく、形だけの家庭がかなりある。
そんな状況は外からではわからないし、ほとんどの人は隠す。
私は、いろんな相談に応じているので内情を知っているだけだ。
もちろん、個別の家庭に関して書くことはできないが、ひどい状況の家庭は多い。
「葛城事件」はそんな家庭で起こった悲劇を描いている。
ここまでひどくなくても、同じようなことは多くの家庭で起こりうる。
表面上うまくいっている家庭が、ある日、粉々になってしまうことが起きうる。
その時になって初めて、家族のことを何も知らなかったことが露呈する。
家族のことを本当に知っているか、もう一度考えてみて下さい。

もちろん、知らないことも多いでしょうが、まったく知らない、まったく深い会話がない家庭はヤバいです。

poster2

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る