広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 10年後を想定して生きる

10年後を想定して生きる


これは凄く大事なことだと思います。
もちろん、10年後のことは誰にもわからない。そんなことは当たり前。
だからこそ、わからない状況で何とかできるようにしとくということが大事。
生まれた子供が10年後どうしているか?
こう考えてみると、受験より自分で生きる力をつけることが大事だとわかる。
いい小学校に入っていても、人間関係が作れないのでは、10年後親が死んでる場合、ドツボにハマる。
会社が10年後どうなっているか?
存続していると考えると、その間何も準備せず、10年後パニックになる。
しかし、なくなっていると考えれば、10年間で何をするべきか明確になる。
もし存続していても、その間の積み重ねはとても役に立つはずだ。
引きこもりの10年後はどうなっているか?
おそらく親は死んでいる。さあ、10年間で何をするべきだろう?
私は10年後生きているかどうかわからない。
しかし、10年後を想定して生きています。どんな状況になっても生き抜けるように。

41P64VNqepL._SX344_BO1,204,203,200_

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る