広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 楽園スタイル

楽園スタイル


楽園を始めて12年。12年の積み重ねで楽園スタイルみたいなものができてきた。
デイサービスは、どこのデイサービスでも難しいような方が集まる場所になった。
引きこもっていたり、どこに行っても揉めたり、うつ病を抱えたり・・・・なかなか難しい方ばかりだ。
太郎会長も、もともと比治山に捨てられていたのだにゃー。 これは、私のマイノリティー思考、どこにもなじめない人を何とかしたいという想いの帰結と言える。
引きこもり支援でいえば、大都市にはいろんな支援組織等があり、いろんな相談機関もある。
私が支援しているのは、そんなものがないところの方が多い。相談場所がなく、孤独に陥っている人のために「遠隔支援システム」というものを考えだした。
まさに、隙間に落ちた人を何とかしようという想いの帰結だ。
コンサルは、誰も相談相手のいない自営業、零細企業の社長の相談に応じている。
大きな会社にはたくさん人がいるし、みんなで相談できる。しかし、小さな会社もしくは個人は相談相手がいない。
私もそんな状況で苦しんだので、そんな方の相談に応じている。
考えてみると、すべて同じことだ。
私の関心は、孤独に陥ったり、相談相手がいない方を何とかしようという気持ちから始まっている。
こう考えると、これが「楽園スタイル」であり、私のスタイルなのだと思います。

こんなことは私の夢でもなんでもなかったが、何かに導かれてやっております(笑)

2017020209010001

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る