広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「わからん」 西田幾多郎

「わからん」 西田幾多郎


「わからん」  これは、あの高名な哲学者 西田幾多郎先生が、学生の前で言った言葉だ。
教壇で歩き回り、いろんなことを考えた結果、この言葉を言った。
実に素晴しい。
偉い先生になると、すべてがわかっている風に振る舞いたがる。
わからないなんて言えなくなる。
しかし、西田先生は、学生の前でも「わからん」と言い放てる。
これこそ、本当の学者だ。
誰の前でも、わかることはわかる、わからないことはわからないと言えるのが本物の学者だ。
私は、こんな学者、こんな大人を尊敬します。

無題広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る