広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 認知症ともの忘れ デイサービス楽園

認知症ともの忘れ デイサービス楽園


この違いは大事だ。
いろんな名前を忘れるのは、ただの物忘れだ。心配はない。
そもそも、名前というのは区別のためについているに過ぎない。山とか川とか海とかは区別のためについている。
例えば、焼き芋という名前を忘れてもいい。しかし、焼き芋が食べ物であることがわからなくなるのが認知症だ。
名前の区別ではなく、食べ物かどうかの区別がつかなくなるのが認知症。
だから、消しゴムを食べたりすることが起きる。
これが、「認知」機能の低下である認知症なのだ。
ここはきちんと区別しよう。
下記の区別はわかりやすいので参照してみて下さい。
そして、思い当たる方は、できるだけ早く認知症専門医で受診してください。たんなる内科ではダメです。

2017010208480000

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る