広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > もし、ストーカーに狙われたら

もし、ストーカーに狙われたら


ストーカーをするのは、ほとんどの場合、元配偶者か元恋人だ。
まったく無関係な人がストーカーすることは少ない。
もし、ストーカー行為をされたら、覚悟を決めるしかない。
それは、お金をかなり使う覚悟と自分で戦うという覚悟だ。
なんで、狙われた方がお金を使うのかと思われる方もいるだろうが、ストーカーから身を守ったり、証拠を押さえるにはお金がかかる。
もちろん、警察がいろんな対応をしてくれればいいのだが、警察の腰も重い。
警察が本格的に動くには、ストーカーである証拠が必要だ。
それを抑えるには、親、友人の全面的協力、それに防犯カメラ等の設備、それに探偵を雇って、ストーカー行為を突き止めることが大事だ。ここにお金がかかる。
ここまで、きっちり抑えれば、警察も動いてくれる。
逆に言えば、ここまで動かなければ、警察が動いてくれるとは考えにくい。
まさに、自助共助を尽くさなければ、公助はあてにならないのだ。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る