広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 36協定を廃止しよう

36協定を廃止しよう


労働基準法第36条には「労働者は法定労働時間(1日8時間1週40時間)を超えて労働させる場合や、休日労働をさせる場合には、あらかじめ労働組合と使用者で書面による協定を締結しなければならない」と定められています。
逆に言えば、協定を結べば、何時間でも残業させることができる。
しかも、世の中には、サービス残業もある。
これでは、法律はあっても、労働者を誰も守ってくれません。
労働者を守るため、労働者の命を守るには、36協定を廃止するくらいの取り組みが必要です。
全廃ではなく、厳格な、抜け道もないようなルールを作るものいい。
これは、まさに、国会議員の仕事。
与党が動かないなら、野党が全力をあげて取り組む仕事です。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る