広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 睡眠薬中毒     生活全般を見直し改善しよう

睡眠薬中毒     生活全般を見直し改善しよう


私は、20代に眠れない時が多かった。
その時の経験から、眠れないことの辛さはよくわかる。
眠れないからいろんなマイナスのことを考え、さらに頭が冴えて眠れないという、最悪のスパイラルだ。
しかし、私は、そんな時にも薬をのまなかった。
うつ的感情(診断を受けてないのでうつ病とは言えない)に覆いつくされていた時も、薬をのまなかった。
今、考えると、自分の「動物的直観」?(笑)は正しかったと思う。
あの時に、のんでいたら、おそらく薬漬けになっている。
実際、私の知人にもそんな人が何人もいる。
眠れない→睡眠薬→強制的にシャットダウン→効かなくなる→量がどんどん増える→常時朦朧としている。起きているのか寝ているのかわからない状態。もう、なんのために睡眠薬をのんでいるのかわからなくなっている。
この本にも書いてあるが、私は、薬ではない別の方法をとった方がいいと思う。
まずは、強制的に眠らなくていいし、毎日、そんなにきちんと眠らないくていい。
そんな固定観念を捨てることだ。今の私は、眠れない時は寝ないし、夜中に起きて目が冴えたら、そのまま起きている。
1時間しか寝てなくても、目が冴えたら、そのまま起きている(笑)
あとは、極めて基本的なことだが、生活全般を見直すことだ。
きちんと運動しているか、きちんとした食事をとっているか、リズムのある生活をしているかだ。
薬をのむ前に、生活全般を見直し、再構築しよう。
不規則で不摂生な生活のままで、睡眠だけ規則的になることはありえないです。

無題広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る