広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 引きこもっているのは子供ではない

引きこもっているのは子供ではない


親なのだ。ここに親の誤解がある。
親が誰にも相談しない。
親が誰にも言わない。
親が友人を家に連れてこない。
親が家を開かない。
親が自分を開かない。
親が社会から子供から引きこもっているのだ。
ここが理解できる親は、自分をオープンにし、いろんな人を家に連れてきて、家を社会化する。
これが、できれば、解決は目の前だ。
引きこもっているのは子供ではない、親なのだ。
特に、父親の引きこもり具合はヤバい。私の経験上、父親に友人(家に来るレベルの)が多い場合、子供が引きこもることはまずありません。

父親に家までくる親友がいない場合、その時点で赤信号なのです。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る