広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 五年目のひとり

五年目のひとり


私が尊敬する山田太一氏の脚本だ。
タイトルを見た瞬間に泣きそうになった。
五年目の・・・・・ひとり・・・・・。
人は、辛いことや哀しいことがあっても、すぐにはわからない。
最初は動転したりして、現実感がない。
しばらくたって、いろんな感情が押し寄せてくる。
まさに、五年目・・・・・・ひとり・・・なわけだ。
震災からもう五年・・・・まだ五年。
いろんなことがどんどん忘れられていく。
しかし、被災者にとっては・・・・どんどん色濃く沈殿していく。濃度が高くなっていく。
忘れられることに憤りながら、忘れないと生きて生けないという葛藤を抱え生きていく。
私にできることは少ないが、せめて忘れないようにしたいと思う。

main

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る