広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 人は必要性で動く

人は必要性で動く


自分が必要だと思えば必ず動く。
のどが渇いたら、水分を取る。
お腹がすけば、何か食べる。
背中がかゆければ、掻く。
しかし、背中がかゆい時に、生まれた時から誰かが掻いてくれていたら自分で搔くだろうか?
いや、掻かない。掻くはずがない。
人は必要性がなければするわけはない。
トイレに行きたくないのに、行く人はいるわけはない。
人は必要性を感じ、自分でやる必要性を感じて初めて、自分で何かやろうと思うのだ。
こういう視点から、引きこもりを考えると引きこもる理由が単純にわかる。
別に、自分で何かをする必要性がないのだ。
衣食住も何とかなるので、働いたり、自分で何かをする必要性がない。
そんな状態に何年も何十年もいるうちに、本当に何もする気もなくなり、何もできなくなるだけだ。
これは高齢者も同じ。
子供さんたちが保護すればするほど、依存心が高まり、ADLが落ちていき、動けなくなります。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る