広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > マイナス幸福論

マイナス幸福論


私の幸福論はマイナス幸福論と自分で名付けている(笑)
その意味は、私は20代に散々マイナスを味わったので、すべてのことをマイナスから考える。
これは、別に悲観的な意味ではなく、あの時よりはるかにいいなということだ。
あのひどい状態から考えると、すべては幸せに思えるし、事実そうだ。
日々、死ぬことと殺すことを考えながら、誰の役に立たない、不要者としての人生から比べたら、今は天国だ。
そして、もう一つの意味は、マイナスのない状態を幸せに感じるということ。
例えば、どこも体が悪くないとか、どこも痛くない、まわりの人がみんな元気というだけで、とても幸せに思う。
なにかプラスを喜ぶというのではく、マイナスのないことを嬉しく思うのだ。
考えてみると、自分の体が、不都合がなく動くなんて奇跡のようなことなのだ。
有難いです。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る