広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 祈りたいのは宅配ドライバーの方だ

祈りたいのは宅配ドライバーの方だ


クロネコヤマトの故小倉昌男氏はすごい人だ。
宅配を1から始め、宅配便業界をつくった人物。
そんな彼は、いろんな福祉事業なんかもしている。実に素晴しい。
しかし、今のクロネコヤマトでは、宅配ドライバーがあえいでいる。
どんどん仕事がきつくなり青息吐息だ。
「祈りと経営」というより「祈りと配達」であり、本当に祈りたいのは宅配ドライバーだ。
どんどん配達の件数が増え、時間指定をしていても不在の人が多く、再配達することで、なかなか仕事が終わらない。
記録に残らない業務時間が多く、多くのドライバーが疲弊している。
私の知り合いも数名いるが、いつ事故が起きても不思議がない気がする。
事故がないように祈りたいのはドライバーであり、きちんと時間通りの給与を支払ってほしいと祈るのはドライバーなのだ。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る