広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 私の引きこもり相談支援は極めて厳しい(笑)

私の引きこもり相談支援は極めて厳しい(笑)


誰にとって厳しいのか?それは親だ。
本当に厳しいと思う。私自身そう思う。
まず、最初に、「めちゃめちゃ厳しいですよ。私は最後まで付き合いますが、本当に命がけですか?」と尋ねます。
そこで、みんな「大丈夫です。命がけです」とご両親が答えますが、かなりの人が逃げていきます(笑)
しかし、厳しさには理由があります。
私が関わっている引きこもりの多くが、1年や2年の期間の人ではない。
10年、20年の人なのだ。そんな人をなんとかしようとしたら、命がけでやるしかない。
そんなに簡単に、短期間でなんとかなる話でもない。
10年20年の人が、どう考えても、1年2年でなんとかなるわけはない。
極論すれば、不可能への挑戦なのだ。
それゆえ、めちゃめちゃ厳しいですよと了解を取り、めちゃめちゃ厳しく対応する。
もちろん、厳しくすることが目標ではなく、問題を解決することが目標なので、そのために厳しくするのだ。
これがわかっている方は、どんなに厳しくしても、ついてきてくれます。
しかし、わからない人は、自分が苦しくなるのでおちていく。
子供はもっと苦しいのに、自分が楽な方に逃げていきます。
私はずっと、子供ためになりふり構わずしがみつく親かどうかを見ているのに・・・・・とても残念です。

climing0010
2016111711350000広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る