広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 親亡きあとのひきこもり  中   中国新聞

親亡きあとのひきこもり  中   中国新聞


昨日も書いたが、親が親亡き後のことを考えるのはよく理解できる。
それは当たり前だ。親なら当然の感情だろう。
私はそれに異議はない。
しかし、それが考えることの中心になってはいけない。
まだ、40代なら可能性がある。特に、40代前半なら可能性はある。
その可能性がある時に、そんなことばかり考えていてはいけない。
親が亡き後のことばかり考えるようでは、希望がなくなる。
まず、大事なのは、親がやれるべきことをすべてやったのかを再検討してほしい。
自分たちで、自分たち自身でやれることをやったのかを見直してほしい。
〇〇会に参加したとか、誰かに相談したとか、それは何かをやった内には入らない。
自分たちで何をやったのか?自分たちでやりのこしたことは何かを洗い出してほしい。
おそらく、たくさんのやり残しがあるはずだ。
親亡き後を考えるのは、それをすべてやってからです。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る