広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 専守防衛とは本土決戦だ

専守防衛とは本土決戦だ


このことは、護憲派も改憲派もよく理解しとかないといけないことだ。
今の憲法、今の自衛隊のあり方は、自分から攻めることを認めていない。
相手国を爆撃する能力もない。
ただ、どこかから攻撃された場合に、防衛するだけだ。
これ以上でもこれ以下でもない。
このことから言えることは、専守防衛とは、本土で戦うこと、強い言葉で言えば、本土決戦するということだ。

私は、戦争を望むものではない。
今の態勢では、必然的に日本本土で戦うということになるということだけはわかっておかなければならない。
え?戦争は起きない?もちろん私もそう願います。
え?外交交渉でやるべき?もちろん同意します。
しかし、世の中何が起きるかわかりません。
博多の駅前通りが陥没することを予期した人はこの世にいないでしょう?(笑)
(私は本土決戦に賛成しているのではなく、ただ専守防衛=本土決戦になるという意味です)
無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る