広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 親の本質はすべて見抜かれている   引きこもり相談

親の本質はすべて見抜かれている   引きこもり相談


子供は生まれた時から、親を感じている。
親のすべてを感じている。
自分の生存をかけて、すべてを感じている。
親がどんなことを語っても、ほとんど意味はない。
語る前に、すべては見抜かれている。
親がどんな人間か、親の本質がどんなものかを子供は見抜いているのだ。
引きこもり相談を受けていると、本当に上辺だけのお父さんが多い。
上辺だけ心配しているふりをし、考えるふりをしている。
こんなものは、100%見抜かれている。
子供は、こんなお父さんと話はしない。それは上辺だから、表面的だからだ(笑)
子供は、数十年観察している。そして、本質をすべて丸裸にしているのだ。
この人は、危機の時に、自分のことばかりやっていた人間だと。
助けてくれなかった人間であり、本質的には冷たい人間だと見抜いているのだ。

そこからリカバーするにはって?  そんなことは自分で考えるんですよ。
お母さんに任せ、逃げて、考えないことも見抜かれているんですから(笑)

2016110411250000

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る