広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 感情労働のキツさ

感情労働のキツさ


「感情労働」とは、感情の抑制や鈍麻、緊張、忍耐などを不可欠の職務要素とする労働のことです。
現代は、こんな労働が増えている。
もしかすると、ほとんどの労働は感情労働かもしれないくらいです。
怒りまくるお客様にサンドバッグのように叩かれ、口答え、反論もできず、ただただ我慢する。
そして、どんどん疲労が蓄積し、壊れていく。こんな方が増えているような気がします。
自分なりのストレス解消方法を持ってないと、どうしようもなくなる。

介護の仕事も感情労働。
最近のいろんな事件にもそんな背景があります。
もちろん、犯罪を擁護する気なんかありませんが、個人の問題で片づけるのではなく、制度や組織の問題を
解決しなければ、同じような問題が繰り返されることになるでしょう。
例えば、グループホームで夜間一人体制なんてそもそも無理なんです。

無題広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る