広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 沈まぬ太陽    ドラマ版

沈まぬ太陽    ドラマ版


人はいろんな苦難にあった方がいい。
私はそう思う。このドラマの主人公もそう。
いろんな苦難の中で、どんどん成長していく。
もし子供のころから、苦難に出会わなかったどうなるだろう?
親が子供を苦難から守ってしまったらどうなるだろう?
私は、そんな元子供よく会う。
そんな元子供は、大学くらいか、就職したくらいで、初めて苦難に直面する。
そして、粉々になる。
こうなると、修復は不可能に近い。不可能ではないが、不可能に近い。
その年まで、苦難を超えた経験がなければ、その年で躓くことは、致命傷になる。
大事なことは、小さな時から、苦難を超えるトレーニングをすること。
親は、致命傷を負わないように見守ることだ。
これしかない。
沈まぬ太陽はそんなことも教えてくれる。
これは、企業の物語、サラリーマンの物語だけではなく、一人の人間の成長の物語です。

挫折や苦難に沈まない大陽になろう!(笑)

4f1df5aa広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る