広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 広島市介護保険集団指導   10月28日

広島市介護保険集団指導   10月28日


昨日、広島市の介護保険事業者に対する集団指導があった。
いやー、ひどい事業者があるもんだ(笑)
介護保険のサービスをしてないのに、架空保険を請求したり、介護保険の人員基準をクリアしてないのに、保険請求している事業所がかなりある。
こんな感じで請求できるのなら、儲かります、めちゃくちゃ儲かります(笑)
おそらく、笑いが止まらないくらい儲かる。
しかし、きちんと制度を守りながらでは、そんなに儲かるものではない。
ルールを破りながら、ゲームに勝つのは簡単だ。
サッカーで手を使ってよければ簡単に勝てるし、産業廃棄物業者がどこでも違法投棄できれば、大儲けできる。
きちんと制度や基準を守りながら、ゲームするのが当たり前だ。
こんな事業者がいると全体がたたかれるので困ります。
弊社では、あえて、居宅介護支援事業所を作らず、すべて外部のケアマネージャーから依頼をいただいてます。
このシステムを取っている理由は、不正が行われることを完全に防ぐことにある。
外部のケアマネだと、不正請求自体が不可能なので、こんなやり方を取っています。

(下記の額は、ある事業所の2年分の不正請求の額です。)

2016102906380000広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る