広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 自民党の内輪ノリ

自民党の内輪ノリ


自民党がどんどん閉じてきた。
総裁選は無投票で終わったし、総裁の任期は延長したし、馬鹿な大臣は「強行採決」発言するし、もうどうしようもない。
この原因は、自民党の中に多様な意見がなくなっていることと野党があまりにもどうしようもない状態にあるからだと思う。
こんな状況では、安倍総理に近い人間は、どんどん油断する。どんどん失言する。
いや、失言ではなく、本音を言い出す。
本当に思っていることを言うが、内部に健全な批判勢力はないし、外部にもいない。
まさに、好き放題できる環境だ。
これは、自民党にとっていいように思えるが、自民党がどんどん衰弱し、幼稚化してくことに拍車をかける。
厳しい党運営や厳しい国会運営をする中で鍛えられ成長するはずが、ユルーイ環境で、どんどんダメになっていく。
内輪のノリでいろんな発言行動をするようになる。

これからまだまだいろんな問題がでてくるでしょう。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る