広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 一つ一つ順番に 認知症の方との接し方

一つ一つ順番に 認知症の方との接し方


大事なのは、一度にいろんなことを言わないことだ。
そんなことをすると、混乱して、黙ったり、怒ったり、凍り付く。
要するに、脳が情報を処理できず、止まってしまうのだ。
自動車教習所に行ったことがある人はわかると思うが、最初に車の運転をしたときに似ている。
おそらく、皆さん、いろんなことを同時にしないといけなくて、パ二くったはずだ。
そして、失敗したら、指導員に怒られて、さらにパニくって、凍り付いた経験があるはずだ。
認知症の方の状態はそれに似ている。
同時にいろんなことが処理できなくなり、まわりからいろんなことを言われ、怒られ、凍り付くのだ。
大事なことは、怒らないで、一つ一つ処理することだ。
同時にいろんなことはできない。
今までは無意識にできていたことが、できなくなることが認知症だ。
まわりの方はできるだけ、怒らず待ってあげて下さい。
みんなそうなる可能性がありますから。

無題広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る