広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「私は母親をやめます」

「私は母親をやめます」


最近、ある引きこもりのお母さんが、こう言って、母親をやめた(笑)
実に面白い。これもありだ。
親を頑張るからこそ、子供は子供のままなのだ。
親がいなければ、子供ではなくなる(笑)実に面白い発想。

私は、こんな発想が大好きだ。
親が保護包容する限り、子供は幼児性を抱えたままになる。
これは、国家が丸抱えした農業がいつまでたっても、幼児性をかかえてきたのと同じだ。(農協)
人間でも企業でもなんでも、保護を続けると、依存度が高くなり、幼児性を保持したままになる。

子供が大人にならないのなら、親が親をやめるのもありです。
親をあてにできると思い、甘えて子供のまま生きている人は多いですから。

poster2

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る