広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 永遠の夜

永遠の夜


20代の私は毎日、永遠の夜を過ごした。
眠れず、夜が終わらないのではと思いながら、生きていた。
まさに、時間をつぶすのだが、長すぎてつぶすことができない(笑)
寝たかと思えば、短時間で起き、いろんなことに悩むのだ。
毎日毎日、そんな日々を過ごした。
目的も目標もない永遠の時間。
時計に穴が開くほど眺めるが、いっこうに時間が流れない。
何度も時計が壊れているのかと疑った。
しかし、時間が流れようが流れまいが、何もすることがない状況は変わらない。
そんな中で、私は、言葉を失った。
声がでなくなったのだ。おそらく精神的なものだ。(診断を受けてないで明確にはわからない)

眠れず、痩せていき、声を失った。

今、苦しみの中に、永遠の夜に彷徨っている人が大勢いるだろう。
永遠などない。いつか、いろんなチャンスが来る。そのチャンスを逃がさないように、待っていてください。
必ず来ます。そのチャンスとは、ほとんどの場合、人。人の声かけこそ、永遠を抜け出すチャンスです。

mt-4rla12-003

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る