広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「お兄ちゃん、好きなもの食べや」

「お兄ちゃん、好きなもの食べや」


これは、まったく食えなかった20代に、見ず知らずのおじちゃんに言っていただいた一言だ。
この言葉は今でも忘れない。人生で苦しい時に何度も思い出す。
「兄ちゃん、人生苦しい時があるわ。俺もそう。そんな時は腹いっぱい食べたらいい」こんなことを言っていただいた。
私にとって、この人は神だ。人間だが神だ。
こんなことはなかなか言えることではない。
その人が、いろんな苦しみの中で生きた経験がある人じゃないと言えない。
私も、こんな人の支えで、再生することができた。
だから、私は、「お兄ちゃん、好きなもの食べや」と言えるような人間になりたいと思って生きてきた。
今、そんな人間に少し近づけたことを嬉しく思います。
おじちゃん、ありがとう。
あなたのおかげで生きています。
img_3

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る