広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 親がすべて悪い    ひきこもり相談

親がすべて悪い    ひきこもり相談


100%親が悪いと思ったほうがいい。
そうでなくても、そう思ったほうがいい。
国が悪い?社会が悪い?学校?子供?
そんなことを言っていても、解決には近づかない。
国、社会、学校は、そんなに簡単に変わらない。
子供に問題があるのもわかっている。子供自身もそれで悩んでいる。
だから、今さら、悪いなんていっても仕方ない。
まず、変わるべきは親だ。だからこそ、あえて、100%悪いと考えたほうがいい。
そう考えることが変わるきっかけになる。親のありかた、家族のありかた、子育てのあり方を総検討できる。
100%悪いと考えないと、総検討なんかしない。
手を抜いて、子供がダメだよねとか、何とかしないとねくらいの話で終わる。
これでは、何年たっても同じだ。

私は親が100%なんて本心では思っていない。しかし、現実を変えるためにはそう思うことが大事なのだ。

27497

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る