広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 運命を切りひらくもの

運命を切りひらくもの


福島智氏の鋭さに感銘を受けた。
彼は、目が見えないし、耳も聞こえない。
しかし、すべてが見えているようだ。
見えないし、聞こえないからこそ、すべてを感じ取れるのかもしれない。
私も、いろんな人を会うが、目も見え、耳も聞こえるのに、何もわからない人によく会う。
物理的なことは見えるし、聞こえるのだが、情報的なことが何もわからない。
例えば、ある人が座っていたとする。もちろん物理的に座っていることは誰でもわかる(笑)
しかし、その座っている雰囲気で、楽しい気持ちなのか、哀しいのか、眠いのか、そんなことはまったく感じ取れない。
そんなことを感じ取れる人は、声をかけたり声をわざとかけなかったりするのだ。
この文章を読んで、何を書いているのかわからない人はヤバイ。
おそらく、その人は、いろんなところで揉める人だ(笑)
しかし、福島氏の感受性は半端ではない。研ぎ澄まされている。
あの北方氏がタジタジなのだ(笑)
いやー、面白い対談。真剣勝負を見せていただきました。感謝です。なんか、福島氏は剣豪のようです。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る