広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > ゆとり教育再考

ゆとり教育再考


ゆとり教育は一時期、大変な批判にさらされた。
勉強量が少ない、どうしようもない人間をつくってしまった、学力が低い・・・・・本当に叩かれた。
その矢面に立たされたのが寺脇研氏(元文部科学省)だ。
本当に袋叩きだった。
しかし、今、ゆとり世代の活躍が注目されている。
どんどん、ゆとり世代が社会の中心に、世界に飛び出してきた。
今、一度、ゆとり教育とはなんだったのか?を再考するべき時に来ているのだと思います。

単純に詰め込みに戻せばいいという話ではない。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る