広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > レヴェナント

レヴェナント


これはすごい作品だ。
デイカプリオが凄まじすぎる。
私がこの映画で一番すごいと思ったのは、主人公が氷点下の寒さで生き延びるために、馬の内臓をひっぱり出し、馬のおなかの中で一晩過ごすシーンだ。
まさに、これこそ生きることだ。生きるとはこういうことだ。
子供に親が教えるべきことはこんなことだ。
衣食住完備することでも、金を渡すことでも、甘やかすことでもない。
親亡き後、氷点下でも生き残るすべを教えることだ。
病気をしても、けがをしても、会社が倒産しても、友人に裏切られても生きなければならない。
どんな状況でも生きなければならないのだ。
これを教えることこそ「躾」だ。
大事なのは、学歴でも、資格でもない、生きることだ。
「レヴェナント」はそんな基本を教えてくれる素晴らしい映画です。

26736

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る