広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 社会が悪い 制度が悪いと言っていても間に合わない

社会が悪い 制度が悪いと言っていても間に合わない


もちろん、社会の悪い点は多いし、制度がないもしくは不十分なところも多い。
これは誰が考えても事実だろう。
しかし、社会や制度の不十分さをいくら批判しても、愚痴っても、今を変えることはできない。
今を変えるには、不十分な状況でも、自分で突破するしかない。
幕末でこれをやったのが、吉田松陰先生だ。
彼は、もちろん社会や制度に不満を持っていた。しかし、それが変わるのを待つのではなく、自分で突破しようとした。
だから、幕末でも現在でも、彼は愛され尊敬されているのだ。

制度を変えるには、社会を変えるには、膨大な時間がかかる。
それよりは、今の自分を変え、自分でできることをしよう。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る