広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 大学に行かないことも考える

大学に行かないことも考える


クローズアップ現代の「奨学金破産の衝撃」を観た。身につまされる内容だった。
奨学金の負担により、大学中退者が急増しているのだ。
このことに対して国の対応は遅いが、今の日本の財政状況では難しいのもわかる。
給付型奨学金が検討されているが、できたとしても、そんなに規模が大きいものにならないだろう。
そうすれば、これからも、若者の苦難が続く。
それなら、大学に行かないことも考えてみるべきではないだろうか?
はじめから割り切って、高卒で自分の道を切り開いていくことも大事だと思う。
これは冷たいように聞こえるかもしれないが、中退した上に奨学金の負担がのこり、さらに自己破産するという現状を考えると現実的対応だと思う。
実際、こんな対応をしている20代を私はたくさん知っている。
そして、自分でお金を貯めてから大学に入っている人もかなりいる。
こんな方法も考えてみてほしい。道は無限にある。18歳で大学に行かなければならない決まりはないのだ。
いろんな状況を総合的に考えてみてくださいませ。

制度が変わるのが一番いいと思いますが、それを待っていられませんから。
(大学にいくべきではないという考えではありません)
20150210170835

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る