広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 真似して真似して真似する   

真似して真似して真似する   


何かを上手くなろうとする場合、まずすべきは真似だ。
真似をして真似をして真似をすることだ。
自分の考えとか、自我なんてどうでもいい。まず真似だ。
知らないことに、自我や自意識なんて出しても無駄だ。そんなものは捨てた方がいい。
徹底的に真似して、限界まで来たときに、自分が分かる。
これが日本流の上達法だ。
限界まで来ると、自分にしかないもの、自分らしさがでてくる。
真似できない部分がでてくるのだ。
最初から、自分流、我流でやっても、すぐに限界が来る。そんなものは自分勝手に過ぎない。
まずは、今までの到達点を踏まえるために、真似することだ。
そして、それを乗り越えていくことが大事だと思います。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る