広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 偽りの保守 安倍晋三の正体

偽りの保守 安倍晋三の正体


この本で思ったのは、偽りの保守で何が悪いのか?ということだ(笑)
私は、安倍氏が大好きではないが、民進党岡田氏よりはマシだと考えている。
東京都知事選の前日に代表選にでないという人物より、マリオの方がマシだ(笑)
この本は、保守本流が素晴らしい感じで書いてあるが、自民党の中の権力闘争に勝てないくらいだから、そんなものは大したことはない。
もし、本当に素晴らしいなら、安倍総理を総裁選で倒せるはずだ。
支持を集められるはずだ。せめて総裁選くらいできたはずだ。
それができないなら、負けた方が偽りなのだ。政治とはそんな世界。
どんな意見があっても、多数を取れないと負けの世界だ。
私は、そんな世界が好きではないが、政治とはそんな世界なのだ。
大事なことは、偽りとか、正体なんて思わせぶりに書くことではなく、多数を取って安倍総理を倒すことだろう。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る